コンテンツにスキップする
Photographer: Balint Porneczi

EUは「報復すると警告しておく」-仏経済相が米自動車関税をけん制

  • 自動車メーカーに追加関税課すようなことがあれば報復すると経済相
  • 米大統領が混乱させた国際貿易システムを救うようEUに求める声も
A European Union (EU) flag, right, and a French national flag fly from a building in Toulouse, France, on Wednesday, Aug. 14, 2013. The French economy posted its best quarterly expansion since President Francois Hollande came to power in May 2012 as recovering consumer spending and exports lifted factory output.
Photographer: Balint Porneczi

米国と欧州、中国との間で、関税を相互に発動する貿易摩擦がエスカレートする中で、フランス南東部エクサンプロバンスで8日開かれた経済フォーラムに集まった政界・実業界のリーダーらは、欧州連合(EU)がその力を示し、トランプ米大統領が混乱させた国際貿易システムを救うよう強く呼び掛けた。

  フランスのルメール経済・財務相は経済フォーラムの公開討論会で、「もしあす、自動車業界など他の経済セクターに新たな追加関税が適用されれば、欧州も一つの経済大国であることを示すため、われわれの反応は再び、結束した強力なものでなければならない」と発言。米政権に対し、仮に「あなた方がわれわれを再び攻撃し、自動車メーカーに関税を課すようなことがあれば、われわれは報復すると警告しておく」と語った。

  一方、欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は8日の公開討論会で、「世界秩序に深い疑問が投げ掛けられていることは事実だ」としながらも、「中国と米国に対する欧州の無力感やユーロ悲観主義の誘惑にあらがうことが絶対に必要だ」と主張した。

原題:‘We Will Hit Back’ at Trump Disruption, EU Business Leaders Warn(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE