Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米国、2000億ドル相当の対中関税リストを週内公表の公算大

更新日時
  • 公表は早ければ10日で、今週中には公表される可能性高いと関係者
  • 貿易摩擦激化の懸念で株価指数先物と米10年債利回りは低下

トランプ米大統領は新たに中国製品2000億ドル(約22兆2000億円)相当の関税対象リストを公表する準備を行っている。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  リスト公表は早ければ10日で、今週中には公表される可能性が高いと、非公表であることを理由にこれら関係者が匿名で語った。リスト公表後に公聴会を開催するほか、一般から意見を求める。

  貿易摩擦激化の懸念で、株価指数先物と米10年債利回りは低下した。

  トランプ政権は今月6日、数カ月にわたった警告の後、直接の対中関税としては初となる340億ドル相当の中国製品への25%の追加関税を発動させた。中国は直ちに米国産大豆や自動車への同規模の報復関税を実施した。

  米国は月内の公聴会を終えた後に160億ドル相当の中国製品への追加関税を発動させることを検討している。中国はさらなる報復関税を表明している。

  米通商代表部(USTR)とホワイトハウスの広報部署にコメントを求めたが、これまでに返答はない。

  トランプ大統領は先月、10%関税の対象とする中国からの輸入品2000億ドル相当を特定するようUSTRに指示していた。その後、大統領は実質的に中国からの輸入品全てに関税を賦課する可能性があると表明した。

原題:U.S. Said Poised to Publish $200 Billion China Tariff List (1)(抜粋)

(市場の動きや背景を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE