米国債の逆イールド、警戒すべきはその警戒心-不安はおのずと的中へ

  • 銀行がクレジットから手を引けば、景気減速招き入れる-ホルマン氏
  • 中央銀行より商業銀行の引き締めの方が重要なことも-ホルマン氏

米国債市場で長短利回りが逆転する逆イールド。この現象が起きれば景気悪化を招くと、バンカーの間で不安が高まること自体が「おのずと不安通りの結果に至る悪循環」を引き起こし、経済成長の軌道を不安定にする可能性がある。ロンドンの債券運用会社、トウェンティフォー・アセット・マネジメントのマーク・ホルマン最高経営責任者(CEO)が警告した。

  景気縮小の前兆とされる逆イールドを警戒するあまり、銀行がクレジットから手を引くのは、むしろ景気減速を招き入れる行為だと、ホルマン氏はこのリスクを説明する。この状況は早ければ今年、表面化する可能性があるという。

  ホルマン氏は「リセッションというものはどれも、商業銀行の信用引き締めの後に起きるものだ」とインタビューで指摘。「中央銀行よりも商業銀行による引き締めの方が、重要性が高いことすらあり得る」と述べた。

  米国債市場では2年債と10年債の利回り差が30ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) を下回り、5年債と30年債の利回り差は22bp未満と2007年夏以来で最小となっている。スプレッド消失は市場の不安をあおり、景気拡大を揺るがす引き金を皮肉なことに民間銀行が引いてしまうことはあり得ると、ホルマン氏は説明。「逆イールドが年内に起きることは、容易にあり得る」と述べた。

  すでにJPモルガン・チェースは顧客に対し、リセッション(景気後退)から投資を守るための方法を助言し、具体的にはドルと円が最も安全だと推奨している。

原題:An Inverted U.S. Yield Curve: Thing to Fear Is Fear Itself (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE