金氏は非核化の約束守る、中国が悪い圧力の可能性:トランプ大統領

  • 中国政府、非難は「完全に理不尽」-外務省報道官
  • 北朝鮮はポンペオ国務長官出国後に米国を非難していた

金正恩委員長とトランプ大統領

Photographer: SAUL LOEB/AFP
Photographer: SAUL LOEB/AFP

訪朝したポンペオ米国務長官との週末の会談後に北朝鮮政府が厳しいコメントを発したにもかかわらず、トランプ大統領は9日、金正恩朝鮮労働党委員長が核兵器を放棄する約束を守るだろうと述べた。

  トランプ大統領はツイッターに「金正恩委員長が、われわれが署名した文書、そして何よりわれわれが交わした握手を尊重すると信じている」と書き込み、中国が合意を台無しにしようとしていると示唆した。

  トランプ氏は、中国政府は「中国の貿易に対して米国がとっている姿勢を理由に、米朝合意に悪い圧力をかけている可能性がある。そうでないことを願う!」と続けた。

  中国外務省の華春瑩報道官は米議員らからも発せられた同様の発言について、北朝鮮との協議で中国政府が障害物になっていると非難するのは「完全に理不尽だ」と記者会見でコメントした。

  北朝鮮外務省の報道官は7日、ポンペオ国務長官が出国した直後に朝鮮中央通信を通じ、非核化を巡る米側の姿勢を「強盗のような態度」と非難。一方で、「トランプ大統領に対しては引き続き信頼している」と述べていた。

原題:Trump Confident Kim Will Denuclearize Despite Cloud Over Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE