貿易戦争は通貨戦争へと変化する可能性も:ECBノボトニー氏

Photographer: Tomohiro Ohsumi
Photographer: Tomohiro Ohsumi

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、世界的な貿易摩擦は為替レートに影響を与える可能性があり、新たなマイナスの結果につながる恐れがあると指摘した。

  ノボトニー氏はチューリヒで講演し、「為替レートに関してかなり興味深い影響があることが現状で見られている」と発言。「これは貿易戦争に加えて、通貨戦争のようなものが起こる可能性があることを意味する。それは国際的な戦争ではないにせよ、関税よりもはるかに深刻な影響をもたらす可能性がある」と述べた。

  「結末を予測するのは非常に難しい」とノボトニー氏は指摘。「現状を見ると、それほど劇的ではないが、エスカレートする可能性はもちろんある」と続けた。

原題:ECB’s Nowotny Says Trade War Could Morph Into Currency War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE