中国:米国産大豆の輸入関税、国家備蓄分は業者に払い戻しへ-関係者

  • 国家備蓄向けに購入された貨物には払い戻しが適用される
  • 現時点で海上輸送中の大豆、少なくとも貨物1つは備蓄用

中国は米国からの大豆輸入について、国家備蓄用の購入を対象に25%の関税負担分を輸入業者に払い戻す方針だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  トランプ米大統領が中国製品340億ドル(約3兆7600億円)相当に関税を賦課したことへの報復として、中国は幅広い米農産品に対する追加関税を7月6日から適用。国家備蓄の輸入業者が払った追加関税は、その後政府によって払い戻される。関係者らは匿名を条件に話した。国家備蓄を取り扱うチャイナ・グレイン・リザーブズ(シノグレイン)からはコメントを得られなかった。

  関係者らによると、現時点で海上輸送中の米国産大豆のうち、少なくとも貨物1つが国家備蓄用に購入されたもの。穀物コンサルティング会社、上海匯易の李強チーフアナリストによれば、これより先に国家備蓄用に購入された大豆の大半は既に解約されている。

  こうした貨物は政府のために購入されたものであるため、「何らかの補償はあり得る」と李氏は指摘。ただし、「直接の税還付」と見なされることはないとの考えを示した。

関税発動前に中国に到着できなかった米国産大豆、貨物船は海上で待機

原題:China Is Said to Reimburse Tariffs for State Soy Reserves (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE