スターバックス、使い捨てプラスチックストローを20年末までに廃止

スターバックスは9日、2万8000余りある全世界の店舗で2020年までに使い捨てのプラスチックストローを廃止する計画だと発表した。

ストローなしで飲めるふたの付いたスターバックスのカップ

Source: Starbucks

  同社によれば、代わりに別の素材を利用したストローや、ストローなしで飲める再利用可能なふたを導入する。こうした切り替えにより、全店舗で年間合計10億個余りに上るプラスチックストローの取り扱いをやめることが可能になるとしている。プラスチックごみは、特に海洋汚染の原因になるとして批判の声が上がっている。

  米マクドナルドも、英国とアイルランドで紙のストローを使い始め、2019年には両国の全1361店舗でプラスチックストローを廃止する計画だと、6月に発表している。

  スターバックスは北米の8000店舗で既にストローなしで飲めるふたを利用しており、現在は中国や日本、シンガポールなどでも一部のドリンク類で試験中だという。

原題:Starbucks Swears Off Single-Use Plastic Straws for 2020 Deadline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE