英金融業界への外国投資が減少、EU離脱が打撃-EY調査

  • 英金融サービス業界への昨年の新規投資プロジェクト、26%減
  • EU内首位は依然ロンドン、パリやフランクフルトが差を詰める

英国の金融サービス業界が外国投資の落ち込みに見舞われる一方、欧州他国の一部はその大幅な増加を経験している。アーンスト・アンド・ヤング(EY)の新たな調査で明らかになった。

  EYが9日公表した調査によると、英金融サービス企業に対する外国直接投資(FDI)のプロジェクト件数は昨年26%減少。これに対しドイツは64%増、フランスは2倍余り増加した。欧州連合(EU)内の都市でロンドンが引き続き首位を保ったものの、パリやフランクフルト、ダブリンとの差は縮小しつつあると、EYは指摘した。

  EYで英金融サービス業界を担当するオマール・アリ氏は「問題は、これが一時的なシフトなのか、より持続的なトレンドの始まりなのかということだ」と述べた。

  EYの調査によると、金融サービス業界に対する昨年の新規FDIプロジェクト件数は英国が78件で、欧州トップだったが、過去最高に上った前年の106件からは減少。ドイツは39件から64件、フランスは22件から49件へと伸び、ルクセンブルクは2件から17件へと急増した。

Shrinking Share

Foreign investment in U.K. financial services fell last year

Source: EY

原題:Brexit Delivers Blow to British Finance as Investments Slide (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE