Photographer: Qilai Shen/

中国株上昇、上海総合指数は先月29日以来の大幅高-人民元も高い

更新日時
  • 上海総合指数は2.5%高で取引終了-元は0.4%上昇
  • 貿易摩擦を巡る懸念が一時的に後退、地合い改善-謝棟銘氏
Photographer: Qilai Shen/

9日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が約2年ぶりの大きな上げとなった。米追加関税発動まで軟調な展開が続いていた。人民元も上昇している。

  中国本土株の指標、上海総合指数は前週末比2.5%高と2016年5月以来の大幅上昇で引けた。先週末まで7週連続で下げていた。この1カ月、対ドルで下げが目立っていた人民元は0.4%高。このままいけば4月10日以来の大きな上げとなる。

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は、「米中の貿易摩擦を巡る懸念が一時的に後退し、地合いが改善した」と指摘。「米中貿易戦争は週末に深刻化しなかった。トランプ米大統領は今週、欧州を訪問する予定で、投資家は貿易面で比較的平穏な週を見込んでいる」とコメントした。

原題:China Stocks Rebound With Biggest Gain Since 2016, Yuan Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE