コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/

中国株上昇、上海総合指数は先月29日以来の大幅高-人民元も高い

更新日時
  • 上海総合指数は2.5%高で取引終了-元は0.4%上昇
  • 貿易摩擦を巡る懸念が一時的に後退、地合い改善-謝棟銘氏
Pedestrians carrying umbrellas walk past the Shanghai Stock Exchange building in Shanghai, China, on Tuesday, Sept. 22, 2015. U.K. Chancellor of the Exchequer George Osborne is seeking to strengthen Britain's ties with China, including a possible stock-exchange link, as he underlines the country's value as an investment partner in spite of recent market shocks.
Photographer: Qilai Shen/

9日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が約2年ぶりの大きな上げとなった。米追加関税発動まで軟調な展開が続いていた。人民元も上昇している。

  中国本土株の指標、上海総合指数は前週末比2.5%高と2016年5月以来の大幅上昇で引けた。先週末まで7週連続で下げていた。この1カ月、対ドルで下げが目立っていた人民元は0.4%高。このままいけば4月10日以来の大きな上げとなる。

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミスト(シンガポール在勤)は、「米中の貿易摩擦を巡る懸念が一時的に後退し、地合いが改善した」と指摘。「米中貿易戦争は週末に深刻化しなかった。トランプ米大統領は今週、欧州を訪問する予定で、投資家は貿易面で比較的平穏な週を見込んでいる」とコメントした。

Ticking up

原題:China Stocks Rebound With Biggest Gain Since 2016, Yuan Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE