リセッション近いと思えば円とドル、スイス通貨保有を-JPモルガン

  • 現時点でリセッションについて話すのは「時期尚早」とアナリストら
  • 過去5回のリセッションの分析でNZドルがG10通貨で最悪の成績
Photographer: JEREMY BALES
Photographer: JEREMY BALES

米国あるいは世界経済のリセッション(景気後退)が迫っていると仮定した場合、スイス・フランとシンガポール・ドル、米ドル、日本円を保有し、新興市場国通貨を手放すべき時だとJPモルガン・チェースのアナリストらが指摘した。

  JPモルガンの為替戦略担当マネジングディレクター、ポール・メギエシ氏などのアナリストらは6日付のリポートで、「リセッション時は、債権者が自己資金を手元に取り戻すことを要求する。リセッションの際に保有すべき通貨ベスト4のうち3つは、対外ポジションが極めて強い国の通貨だ」との見解を示した。

  JPモルガンのチームによれば、実質実効為替レートが40年平均を23%下回っている円は、リセッションのヘッジ手段として最も割安で、シンガポール・ドルは最も魅力が乏しい。リセッションの際に銀行や企業がレバレッジ解消に動けば、米国以外の国は米ドルを買い戻す必要があり、調達通貨の世界標準である米ドルは恩恵を受けるとストラテジストらは分析した。貿易摩擦がエスカレートする状況で、米ドルは最近数カ月良好なパフォーマンスとなっている。

  同行のチームは、実際には現時点でリセッションについて話すのは「時期尚早」だとしながらも、貿易摩擦がさらに激化する可能性がある中で、緊急時の対応策を再検討することが賢明だとしている。
  
  JPモルガンが過去5回のリセッションの通貨パフォーマンスを分析したところでは、平均7-8%下げたニュージーランド・ドルが、G10通貨で最悪の成績となった。

原題:JPMorgan Maps Out Currencies to Buy If a Recession Is Coming(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE