マーベルの「アントマン&ワスプ」が初登場首位

  • 興行収入は推計7600万ドル、1作目の「アントマン」上回る
  • 「ザ・ファースト・パージ」は1720万ドルで4位
Marvel’s Ant-Man and the Wasp.

Source: Marvel Studios

Source: Marvel Studios

週末の北米映画興行収入ランキングで、米ウォルト・ディズニー傘下マーベルのスーパーヒーロー映画最新作「アントマン&ワスプ」が初登場首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで8日配布した資料によると、シリーズ2作目となる同作品の興行収入は推計7600万ドル(約83億9300万円)。公開直後の興行収入としては、2015年公開の前作「アントマン」の5720万ドルを上回った。

  このほかの唯一の新作であるコムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズのSFホラー映画「ザ・ファースト・パージ」(原題)は1720万ドルで4位だった。同作品は世界全体で計3億2000万ドルを稼いだ「パージ」シリーズの前日譚(たん)。

原題:‘Ant-Man’ Swarms Theaters With $76 Million Take for Walt Disney(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE