コンテンツにスキップする
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国CDRファンド第1弾、集めた資金は上限の3分の1-投資家慎重

Pedestrians cross a road next to cyclists and other vehicles in the central business district in Beijing, China, on Friday, June 1, 2018. The People's Bank of China announced on Friday that it would add debt instruments tied to small-business and the green economy.
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国大手テクノロジー企業が発行する中国預託証券(CDR)に投資する同国初の投資信託、第一弾の6本が集めた資金は、当局が設定した上限の約3分の1程度だった。投資家の慎重姿勢が示唆された。

  各社が7日開示した数値を基にブルームバーグが試算したところ、チャイナ・サザン・アセット・マネジメント(南方基金管理)やチャイナ・アセット・マネジメント(華夏基金管理)など6社が集めた資金は総額1048億元(約1兆7430億円)だった。事情に詳しい関係者が述べたところによると、各社は先月、それぞれ最大500億元集めることを認められていた。

  中国のスマートフォンメーカー、小米は先月、CDRを通じた本土上場を延期している。

原題:China CDR Funds Raise Less Than Target Amid Investor Caution (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE