北朝鮮、米国が非核化協議で強盗のような要求と非難-米側は進展強調

ポンペオ米国務長官

Photographer: Andrew Harnik/AFP
Photographer: Andrew Harnik/AFP

北朝鮮は7日夜、ポンペオ米国務長官との2日間にわたる非核化協議について、米国側の「強盗のような」態度を非難した。同長官はこれに先立って記者団に対し、平壌での協議に関して「誠実な交渉」と語っていた。

  北朝鮮外務省の報道官は朝鮮中央通信を通じて英語での声明を発表し、米国が過去の政権が求めたのと同様の提案を行い、混乱を生じさせたと指摘。北朝鮮の評価はポンペオ長官と非常に異なっており、専門家が懸念するように、両国の非核化協議での目標が依然かけ離れていることを示している。

  北朝鮮は声明で、米国が「一方的で強盗のような非核化の要求だけを持ち出してきた」と指摘。米国が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求めているのは、シンガポールでの米朝首脳会談の精神に反したとしている。

  声明はまた、両国の信頼関係が現在危険な状態にあり、同国の非核化のコミットメントが揺らぐ可能性があるとしているが、北朝鮮はトランプ大統領を依然信頼しているという。

  北朝鮮はポンペオ長官が金英哲朝鮮労働党副委員長らとの会談を終え、平壌を離れた後で声明を発表した。

  同長官は平壌滞在中に、北朝鮮が保有する大量破壊兵器を完全に申告し、それを放棄する工程表の設定に関して協議したと説明。「これらは複雑な問題だが、核心的な問題のほとんど全てで進展があった」と語り、「われれは生産的で誠実な交渉を持った」と発言した。

  ポンペオ長官は過去2回の訪朝で金正恩朝鮮労働党委員長と会談したが、今回は実現しなかった。同長官は朝鮮戦争で死亡した米兵の遺体返還について協議するため、米朝が今月12日かその前後に板門店で協議することで合意したこと以外に具体的な成果を示せない可能性がある。

  同長官によると、北朝鮮はミサイルエンジンの試験施設を破壊する意向を確認。両国は複数の作業部会を設置することでも合意した。

原題:North Korea Slams ‘Gangster-Like’ Demands at Nuclear Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE