ワイヤレススピーカー製造の米ソノス、米IPOを申請

Photographer: Christoph Dernbach/dpa

ソノスが米市場での新規株式公開(IPO)を申請した。同社はワイヤレススピーカーの先駆者だが、米アマゾンとグーグル、アップルとの競争激化に備えている。

  6日の届け出によると、カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置くソノスはIPO規模を1億ドル(約110億円)と申請し、ティッカー「SONO」でナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに上場を計画している。同社は、米中の貿易摩擦の激化が事業に大きな打撃になりかねないと警戒感を示した。

  事情に詳しい複数の関係者は4月時点で、ソノスはIPOで企業価値を25億-30億ドルと評価されることを目指していると語っていた。同社は2002年創業で、17年1月からパトリック・スペンス氏が率いている。

原題:Wireless Speaker Pioneer Sonos Files for Public Offering (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE