ユニバーサルの「ジュラシック・ワールド」、興収10億ドル超え

  • 35作目の10億ドル達成映画-ボックス・オフィス・モジョのデータ
  • 中国市場など海外市場が好調-日本公開は7月13日

米コムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズの映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の世界興行収入が10億ドル(約1100億円)を超えた。中国を中心に海外での人気の高さがけん引した。

  ユニバーサルが6日発表したところによると、6月22日に封切られた同作は北米で3億480万ドル、それ以外の地域で7億70万ドルの興行収入を達成。ボックス・オフィス・モジョのデータによれば、35作目の興行収入10億ドル達成映画となる。

  世界の主要市場の一つである日本では7月13日公開の予定。

原題:‘Jurassic World’ Sequel Tops $1 Billion Mark, Boosted by China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE