バイオジェン株急騰、エーザイとのアルツハイマー薬治験で有意な結果

  • 脳内の病状進行を著しく抑制-第2相試験の最終結果
  • バイオジェンは時間外取引で一時14%上昇、エーザイはストップ高

バイオジェンエーザイが共同開発するアルツハイマー病新薬候補が臨床試験で有意な結果を示し、両社の株価は急騰している。

  両社は、この新薬候補「BAN2401」について18カ月にわたった臨床第2相試験の最終結果を発表。脳内の病状進行が著しく抑制されたことが実証できたという。昨年12月に公表した12カ月時点の結果は振るわず、早期の第3相試験の開始に向けた主要評価項目を満たさなかった。

  6日の東京市場ではエーザイ株が前日比19%上昇しストップ高。バイオジェンはニューヨーク市場寄り付き前の時間外取引で一時14%高。

原題:Biogen Surges After Positive Results in Alzheimer’s Trial (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE