コンテンツにスキップする
Photographer: Tim Rue/Bloomberg
cojp

米国は史上最大の貿易戦争仕掛けた-「貿易上のいじめ」と中国商務省

  • 米国の企業と国民にとってもプラスにならず、害を及ぼすと声明
  • WTOに報告し、自由貿易と多国間体制を守るために各国と協力する
A tugboat guides the Kawasaki Kisen Kaisha Ltd. Bai Chay Bridge cargo ship into the Port of Long Beach in Long Beach, California, U.S., on Wednesday, April 4, 2018. The U.S. trade deficit widened by more than forecast to a fresh nine-year high in February amid broad-based demand for imports, ahead of Trump administration tariffs that have raised the specter of a trade war.
Photographer: Tim Rue/Bloomberg

ブルームバーグが英語に翻訳した中国商務省の公式声明の日本語訳は次の通り。

  7月6日に米国は340億ドル相当の中国製品に25%の追加関税の適用を開始した。米国は世界貿易機関(WTO)ルールに違反し、経済史上最大の貿易戦争を仕掛けた。このような関税は典型的な貿易上のいじめであり、こうした行動はグローバルなサプライチェーンとバリューチェーンを脅かし、世界的な景気回復を阻害するだけでなく、グローバル市場の動揺を招き、より多くの罪のない多国籍企業や一般企業、一般消費者を苦しめる。米国の企業と国民にとってもプラスにならず、害を及ぼす。

  中国は先に発砲しないと約束したが、国家の中核的な利益と人民の利益を守るために反撃せざるを得ない。われわれはこの状況について速やかにWTOに報告し、自由貿易と多国間体制を守るために世界各国と協力する。中国は同時に今後も引き続き改革開放を推進するとともに起業家精神と知的財産権を保護し、中国で事業展開する世界中の企業にとって良好なビジネス環境を整えるとあらためて表明する。われわれは米国の追加関税が中国企業に与える影響を引き続き評価・検証し、企業を支援する有効な手段を講じる。

原題:Official Chinese Ministry of Commerce Statement on U.S. Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE