ポンペオ米国務長官が北朝鮮入り、非核化の詳細「詰め」へ

  • 6月の金委員長とトランプ大統領の首脳会談を受けての訪朝
  • 北朝鮮側から非核化実施に向けた詳細引き出せるか焦点

ポンペオ米国務長官が6日、北朝鮮に到着した。金正恩朝鮮労働党委員長が先月シンガポールでトランプ米大統領に約束した非核化への取り組みについて、詳細を詰めて確認したい意向だ。

  ポンペオ氏の訪朝は4月以降3回目。今回の訪問での予定は金委員長の側近、金英哲副委員長との昼食会以外には公式発表されていない。

アンドルーズ空軍基地に到着したポンペオ長官(現地5日)

フォトグラファー:Andrew Harnik / AFP via Getty Images

  「私はこれまでのコミットメントの詳細を詰め、両首脳がお互いと世界に約束した合意の実施に向けたモメンタムが続くようにしたい。北朝鮮も同様のことを行う準備があると期待する」と、ポンペオ長官は述べた。

  ホンペオ長官は現地時間正午(日本時間同)頃に北朝鮮の平壌(順安)国際空港に到着、金副委員長と李容浩外相が出迎えた。

原題:Pompeo Arrives in North Korea to ‘Fill In’ Details With Kim(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE