きょうの国内市況(7月6日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株反発、米マイクロン懸念後退と持ち高整理-景気敏感、医薬高い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反発。米マイクロン・テクノロジーが中国による販売差し止め仮処分命令の影響は軽微との見解を示し、グローバル企業に対する業績懸念が和らいだ。電機株のほか、非鉄金属や鉄鋼など素材株、商社株など景気敏感セクターが高い。エーザイを中心に医薬品株も上昇。

  米国が対中国の追加関税を正式発動した午後には、先物へのポジション整理に伴う買い戻しが優勢となり、一段高。日経平均株価の上げ幅は一時300円を超えた。

  TOPIXの終値は前日比15.34ポイント(0.9%)高の1691.54と反発、日経平均株価は241円15銭(1.1%)高の2万1788円14銭と5日ぶりに高い。

  ピクテ投信投資顧問の松元浩常務は、対中追加関税の「今回のアナウンスを多くの投資家は固唾(かたず)をのんで見守っていた。それに向け売っていた向きは、いったん目指していたイベント期日までの目標達成で手じまった」と指摘。ただし、これで悪材料が出尽くす状況にはなく、「多くの市場関係者が警戒していた方向に進んでいる」とも話した。

  東証1部33業種は医薬品や電機、卸売、ガラス・土石製品、海運、ゴム製品、非鉄金属、鉄鋼など27業種が上昇。下落は石油・石炭製品、保険、空運、鉱業、小売、その他製品の6業種。売買代金上位では、アルツハイマー薬の臨床試験結果が有意だったエーザイ、米社の欧州ガス事業を買収する大陽日酸が大幅高。良品計画とコーセーは続落した。

  東証1部の売買高は13億9356万株、売買代金は2兆4274億円。値上がり銘柄数は1684、値下がりは362。

●債券上昇、好需給や米中貿易懸念-超長期利回りは1年半ぶり低水準

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。超長期債利回りは各年限ともに連日で1年半ぶり低水準を更新した。需給の良好さを背景に投資家などから超長期債を中心に買いが入ったことに加え、米国が中国への制裁関税を発動したことで世界景気に対する先行き懸念が出ていることも相場を支えた。半面、高値警戒感から午後に入ると上値の重い展開となった。

  現物債市場で20年物の164回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)低い0.47%を付け、30年物の59回債利回りが0.665%まで、40年物の11回債利回りが一時0.785%まで低下し、いずれも新発債として2016年12月以来の低水準を連日更新。その後は高値警戒感から売りに押された。長期国債先物9月物は151円01銭と中心限月で6月1日以来の高値を付け、結局2銭高の150円97銭で引けた。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「超長期は前日の30年債入札でぷちっと糸が切れたように利回り低下が進んでいる。20年債利回りが0.5%を下回ってじりじり低下していたので、30年もついて行った感じだ。やはり20年債の0.5%割れが大きかった」と述べた。

  日銀はこの日、中期と超長期ゾーンを対象にした国債買い入れオペを実施した。残存期間1年超3年以下は2500億円、3年超5年以下は3000億円、10年超25年以下は1900億円、25年超は700億円と、いずれも前回と同額だった。

●ドル110円後半、株や米金利上昇で買い優勢ー米対中関税発動織り済み

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=110円台後半を中心に小じっかりな展開。日本時間午後1時すぎにトランプ米政権による対中追加関税が発動されたが、市場の反応は限定的で、株価や米金利が上昇する中、円を売ってドルを買い戻す動きがやや優勢となった。

  午後3時現在のドル・円相場は前日比0.1%高の110円75銭。朝方に110円53銭まで軟化した後、日本株の上昇や仲値需要を背景に一時110円76銭まで上昇。その後の米国の対中追加関税発動後に目立った動きは見られず、中国商務省報道官の発言を受けて110円60銭前後まで小幅に円高に振れた後は、110円79銭までドル買い・円売りが進んだ。

  大和証券投資情報部の石月幸雄シニア為替ストラテジストは、「株もそうだが、ひとまずの材料出尽くし感」が出ているとし、「Xデーということでそれまでずっとポジションを積み上げてきた人がいったん閉じている」と説明。「予定調和的にここまで進んできて、波乱はなかった」とした上で、「この後、米国がまた朝を迎えたときにトランプ大統領が何とツイートしているかだ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE