Photographer: Tomohiro Ohsumi

日本やベトナムなどアジア株全般に影響広がる-米中貿易摩擦

  • アジア株の価値はここ1カ月、300兆円程度の減少
  • ネガティブな地合いは今後悪化しなければ容易に変わり得る公算も
Photographer: Tomohiro Ohsumi

米中貿易摩擦激化でのアジア株式市場の負け組は中国株だけではない。上海から東京、ホーチミンに至るまでアジア株全般に影響が広がった。

  米国による6日の対中追加関税発動を控えた5日の取引終了時点で、香港上場の本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数と本土株の指標、上海総合指数が前週末比で4%以上の下げとなるなど、世界の株価指数で今週の下落率上位10指数のうち9つがアジアの指数だ。

Sinking Deeper

Nine out of the 10 worst-performing stock markets are from Asia this week

Source: Bloomberg

  上海株が弱気相場入りしたことなどを受け、アジア株の価値はここ1カ月で2兆7000億ドル(約299兆円)余り減った。ただJPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテジスト、ケリー・クレイグ氏(メルボルン在勤)は「貿易が引き起こしているネガティブなセンチメントがあるが、状況がこれ以上に悪化しなければ、容易に変わり得る。今後1週間程度で分かるだろう」とも指摘している。

原題:Stock Markets From Vietnam to Tokyo Hit by Trade War Contagion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE