米大豆価格が急落ーブラジルでは中国の需要拡大期待でプレミアム拡大

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

米国とブラジルは合わせて世界の大豆輸出の約8割を占める主要生産国だが、トランプ大統領の通商政策によって両国の大豆価格は全く異なる動きを示している。

  ミネアポリス穀物取引所がまとめた指数によれば、米国の今週の大豆平均価格は1ブッシェル当たり約7.87ドルと、約10年ぶり安値となった。米国の対中関税発動に対し、中国が米農産品への報復関税の準備を整えていることが背景。

  一方、ブラジルではパラナグア港の積み出し価格が5日、シカゴ先物相場を1ブッシェル当たり2.21ドル上回った。これは2014年の集計開始以来、最大。コモディティー3のデータによれば、上乗せ価格(プレミアム)は5月末以来3倍強に膨らんだ。

  コンサルティング会社サフラス&メルカドのアナリスト、ルイス・フェルナンド・ロゲ氏はポルトアレグレからの電話インタビューで、「上乗せ価格は中国がブラジル産大豆への依存度を増やす可能性が高まっていることを反映している」と述べた。

原題:U.S. Soy Prices Are Crumbling as Trade War Sparks Brazil Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE