トランプ氏ツイート、原油価格10ドル押し上げた-イランOPEC代表

  • 「ツイートをやめないと、原油価格はさらに上昇へ」-シャナ通信
  • イラン革命防衛隊、原油輸出阻止の試みあればホルムズ海峡閉鎖と警

原油価格を巡る舌戦が続く中で、トランプ米大統領にイランが新たな挑発を仕掛けた。イランのカゼンプール・アルデビリ石油輸出国機構(OPEC)理事は同国石油省傘下のシャナ通信を通じ、トランプ氏に「そのツイートが原油価格を少なくとも10ドル押し上げた」と指摘。「ツイートをやめていただきたい。そうしないと、原油価格はさらに上昇する!」と警告した。

原油価格を巡り、トランプ米大統領とイランの舌戦が続く

Source: Bloomberg)

  トランプ氏は4日、米国内のガソリン価格引き下げにOPEC諸国が「ほとんど役に立っていない。それどころか、価格を押し上げている」とツイッターで非難した。ゴールドマン・サックス・グループはサウジアラビアなどの増産にもかかわらず、ベネズエラやイランなどの供給不安から原油価格は上昇する公算が大きいとみている。

  カゼンプール・アルデビリ理事は、トランプ氏のツイートが「米国に協力的なOPECの国々を直撃している。実際、そのような国々の信用を汚し、主権を傷つけている。礼儀をわきまえていただきたい」と論じた。

  イラン革命防衛隊幹部は4日、同国の原油輸出を阻止しようとする試みがあればホルムズ海峡を閉鎖すると警告。同海峡を通過する大型タンカーは、全世界で海上輸送される原油やその他液体燃料の約3割を運ぶ。5日の市場で原油価格は1バレル=78ドル前後で取引されている。

原題:Iran Tells Trump: Stop Tweeting, It’s Driving Up Oil Prices (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE