Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

貿易戦争に勝つのは簡単かもしれない-金でなくドルに投資していれば

  • 避難先を求める投資家にとってドルは主要な目的地-サクソ銀
  • 今年のドル高の最大の要因はリスクテーク意欲の低下-ラボバンク

「貿易戦争は良いことだ。勝つのは簡単だ」。トランプ米大統領のこの宣言がドル強気派を支援している。

  彼らは関税措置の応酬が激しさを増した場合、ドルが金よりも安全な避難場所だとみている。米国への輸入品に追加関税を課す方針をトランプ氏が示し、その衝撃が株式市場に広がってから4カ月が過ぎたが、投資家は貿易摩擦を耐えるには金よりもドルと結論付けるカタリストを見いだしているようだ。

  サクソ銀行の商品戦略責任者、オーレ・ハンセン氏はコペンハーゲンから電子メールで、「避難先を求める投資家にとってドルが主要な目的地になっている」と指摘。「地政学リスクが高まり、株式や債券が売られているのに、金も下落基調にある」と説明した。

  米金融当局が政策金利を引き上げる局面に、輸入関税措置によって米国の経常赤字が減る可能性が珍しい機会をもたらしている。ノルデア銀行の世界通貨ストラテジスト、アンドレアス・ステノ・ラーセン氏(コペンハーゲン在勤)は、ドルは避難先、あるいはキャリートレードの対象通貨の双方で利用される可能性があると指摘した。

  1-6月(上期)の金相場が上期としてこの5年間で最も悪いパフォーマンスとなったことで、投資家は伝統的資産の評価方法を再検討している。この動きは、トランプ氏の貿易相手国に対する敵対的姿勢や、米金融当局が日欧よりも早く量的緩和解除を進めていることなど、複数のイベントが重なったことによりもたらされた。世界で最も流動性の高い債券市場で利回りが上昇する中、金のようにインカム収入が得られない資産を保有する魅力は薄れている。
          

  ラボバンクの通貨戦略責任者、ジェーン・フォリー氏はリポートで、新興国市場の行き詰まりでドル資産への資本流入に拍車が掛かる中、今年のドル高の「最大」の要因はリスクテーク意欲の低下だと分析。一方で「ドルが持つ潤沢な流動性は、一部の投資家にとってドルが常に避難場所であることを意味している」と記した。
       
原題:Trade Wars May Be Easier to Win If You’re Long Dollar, Not Gold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE