トランプ政権、米東部時間6日午前0時1分に中国への関税を発動へ

更新日時
  • USTRが電子メールで確認、対象中国製品は340億ドル相当
  • 米中の対立は新たな局面へ、世界経済の成長見通しに影落とすと懸念

トランプ大統領

Bloomberg

Bloomberg

トランプ米大統領は中国製品に対する関税を6日未明に発動させ、米中貿易戦争で最初の号砲を撃つ構えだ。

  米通商代表部(USTR)は5日に電子メールで、340億ドル(約3兆7600億円)相当の中国製品を対象とする関税を、米東部夏時間6日の午前0時1分(日本時間同日午後1時1分)に発動すると確認した。金融市場を揺るがす両国の対立は関税発動によって、新たなダメージを及ぼしかねない局面に入り、世界経済の成長見通しに影を落とすと懸念されている。

中国は米国ブランドのボイコットを武器にする可能性がある-ブルームバーグのブルース・アインホーン

(出所:Bloomberg)

原題:Trump to Pull Tariff Trigger at Midnight in Trade-War Escalation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE