米プラクスエア、欧州資産の大陽日酸への売却で合意に近づく-関係者

  • リンデとの統合の当局承認目指す計画の一環、5日にも発表と関係者
  • プラクスエアの欧州資産は約6400億円相当

米産業ガス会社プラクスエアは約50億ユーロ(約6400億円)相当の欧州資産を大陽日酸に売却することで合意に近づいている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。独リンデとの統合の当局承認を目指すプラクスエアの計画の一環だという。

  協議が非公開であるとして、これら関係者が匿名で明らかにしたところでは、欧州資産売却はまだ最終合意に至っていないが、5日にも発表される可能性がある。ただ、協議は続いており、合意の先延ばしや交渉決裂もあり得る。欧州資産の大陽日酸への売却が実現すれば、欧州での反トラスト懸念の緩和に寄与し得る。欧州では当局がプラクスエアとリンデの450億ドル(約5兆円)規模の統合計画を精査している。

  プラクスエアと大陽日酸に営業時間外に取材を試みたがコメントは得られなかった。リンデの担当者はコメントを控えた。

原題:Praxair Is Said to Near $6 Billion Europe Asset Sale to Taiyo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE