ドイツ銀:アジア太平洋株式責任者退職-アジア地域幹部で今週3人目

ドイツ銀行のアジア太平洋株式事業責任者、ジェームズ・ボイル氏が辞任した。ブルームバーグが閲覧した社内メモで明らかになった。

  2年前にシティグループから移籍したボイル氏は、新たな機会を求めて退職する。ドイツ銀は同メモの内容を確認した。同銀は欧州の顧客により注力するため、ウォール街から中東に至るまで事業展開する市場を縮小している。その一環で現在は7000人以上の人員削減計画を進めている。

  今週に入り、同銀でアジア地域を担当するマネジングディレクターの退職はボイル氏が少なくとも3人目となる。  

原題:Deutsche Bank’s Asia-Pacific Equities Head James Boyle Resigns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE