中国海航集団ナンバー2、フランスで転落死-債務にあえぐ帝国の混迷に拍車

更新日時
  • 王健共同会長が出張先の南仏で死亡-不審死ではないようだと警察
  • 買いあさってきた資産を売却、立て直し急ぐ同社で重要な役割担った

中国複合企業、海航集団(HNAグループ)のナンバー2がフランス南東部で事故死し、同社の混迷に拍車がかかった。事業買収を積極的に進めてきた同社は現在、一転して大規模な資産売却に追われている。

  仏警察当局によると、同社の王健共同会長は3日、南仏プロバンスのボニュー村で自身の写真を撮ってもらっている際、15メートルほどの高さから転落した。警察は不審死ではないとみている。王氏は20年余り前に海航集団の創業に参画した。同社は王氏が仏出張中に転落事故で亡くなったと発表し、それ以上のコメントは控えた。

海航集団の王健共同会長

フォトグラファー:Eric Piermont / AFP via Getty Images

  中国で最も債務水準が高い企業の一つである海航集団は現在、立て直しを急いでいる。事情に詳しい関係者が先月語ったところによれば、中国当局の上層部は同社の支援で合意。同社は昨年、利払い費用を利益から捻出できなかった。

  海航集団が他社の事業を取得し企業帝国を築いていく時期、およびその後の解体過程で、王氏は重要な役割を担った。同社の株主構成の最新資料によると、王氏はグループの株式約15%を保有する大株主の1人。組織上、同社トップは同じく共同会長の陳峰氏となっている。

  かつて、世界の資産を買いあさる中国の飽くなき欲望の象徴とも見なされた海航集団は今年に入って140億ドル(約1兆5500億円)余り相当のビルや株式を売却。米ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングス株も手放した。

  シンガポールに本社を置く調査会社クルーシャル・パースペクティブのコリーン・プン最高経営責任者(CEO)は、「王氏の死は一つの時代の終わりを示すことになる」と述べた。

原題:HNA Executive’s Death Risks More Turbulence at Debt-Laden Giant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE