Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

2016年の国民投票、出口調査データ購入は「スキャンダル」-英議員

  • EU離脱巡る国民投票時に複数のヘッジファンドが購入していた
  • 「行動を起こす必要がある」と労働党のフォウクス上院議員
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

英国の欧州連合(EU)離脱を決めた2016年の国民投票の結果を見越した取引をするため、複数のヘッジファンドが民間の出口調査データを購入していたことは「スキャンダル」だとジョージ・フォウクス上院議員が3日の英議会で指摘し、世論調査会社とヘッジファンドの双方に対する調査が必要だと主張した。

  野党労働党の同議員は「公表され得ない情報が民間の一部に渡されていたとしたら、犯罪行為だ」と述べ、「行動を起こす必要がある」と明言した。

  ブルームバーグ・ニュースは6月25日、国民投票の前とその最中に複数のヘッジファンドが結果に関する事前的な情報を得るため、少なくとも6社から公表が違法とされ得るデータも含めた民間出口調査データを購入していたと報じた。調査会社の1社は無料でスカイニューズに出口調査の結果を提供し、国民投票が終了した午後10時直後にスカイニューズはこの調査結果を放送。調査会社がヘッジファンドの1社に売却した調査はこれと同じ結果を示していた。
  
  国民投票前は英国民がEU残留を選択するとの見方が優勢で、出口調査の結果はこれとは大きく異なっていたが、調査データで自信を深めたヘッジファンドもあった。複数の調査会社は公式結果発表の数時間前、投票が行われている最中に情報を提供。ヘッジファンドにとってはポンドの空売りを通じて利益を得る絶好の機会だった。

  フォウクス議員はヘッジファンドが民間出口調査会社から国民投票時にデータを購入していたことを議会は知らなかったとして、国民投票に関する委員会を再招集するよう求めた。

原題:U.K. Lawmaker Says Secret Hedge Fund Brexit Polling a ‘Scandal’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE