トランプ大統領は貿易赤字に不満ならサービスに注目を-EU首脳

  • 欧州委員長:トランプ大統領は財の赤字に執着しサービスの黒字無視
  • 欧州は国際商取引で「最悪のシナリオ」に備え必要-EU大統領
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

トランプ米大統領が鉄鋼・アルミ製品への輸入関税で同盟国をいら立たせたのに続いて外国製自動車にも関税を検討する中、欧州連合(EU)の首脳2人が米欧貿易摩擦の拡大について警告した。

  EUのトゥスク大統領は、欧州は国際商取引で「最悪のシナリオ」に備えねばならないと述べ、先週のEU首脳会議前に示した警告を繰り返した。欧州委員会のユンケル委員長は、トランプ大統領が財の貿易赤字に固執し、サービスの黒字を無視していると指摘した。

  ユンケル委員長は3日、仏ストラスブールの欧州議会で、「財とサービスの貿易と米企業が稼ぐ利益を合計すると、利益は大西洋の向こう側にある」と述べた。

Balance of Trade

The U.S. has a 12 billion-euro surplus with the EU when including more than just goods

Source: European Commission, citing Bureau of Economic Analysis

  EUはトランプ政権による鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税は純粋な保護主義だとし、報復関税を発動。世界貿易機関(WTO)に提訴した。トランプ大統領は国家安全保障上の脅威だと主張して自動車と同部品に輸入関税を賦課することも辞さない姿勢で、実施に移した場合はEUは断固とした姿勢を取ると表明している。

  EUの対米自動車輸出の総額は、鉄鋼・アルミ輸出の約10倍で、トランプ大統領が自動車に関税を賦課すれば、欧州の対抗措置は鉄鋼・アルミ関税への報復措置の規模をはるかに上回ることになる。

  ユンケル委員長は7月後半にトランプ大統領と会談するためワシントンを訪問する予定。同委員長によると、貿易が議論の焦点になるという。

原題:EU to Trump: Look at Services When Griping About Trade Deficit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE