Photographer: Tomohiro Ohsumi/

米半導体大手のマイクロン、中国裁判所が販売差し止めの仮命令

更新日時
  • マイクロンはまだ仮処分を受けていないと説明-株価は一時8%安
  • マイクロンとUMCは訴訟合戦を繰り広げている
Photographer: Tomohiro Ohsumi/

台湾の聯華電子(UMC)が米マイクロン・テクノロジーを相手取って起こしていた半導体製品を巡る特許訴訟で、中国の裁判所はマイクロンによる同製品の販売を差し止める仮処分を下した。UMCが明らかにした。

  UMCの3日の発表によれば、福州中級人民法院はUMCの主張を認め、DRAMやNANDフラッシュメモリー関連など26の製品の販売を差し止めた。マイクロンはまだ仮差し止め処分を受けていないとし、それまではコメントしない方針を示した。同社の株価は一時8%下落した。

  UMCは今年1月、記憶装置などの製品の中国における特許が侵害されたとしてマイクロンを提訴。特許を侵害しているとされる製品の製造、輸入、販売を禁止するほか、全ての在庫を破棄し、補償を支払うことなどを求めた。UMCは裁判所決定の文書の写しの提供を拒否した。同裁判所の広報担当部署への電話取材に対応した当局者はマイクロンへの仮処分の存在を確認したが、この訴訟が継続中であることを理由に販売差し止めの詳細は公表されないと説明した。

  4日の台湾株式市場でUMCは一時3.9%上昇。3日の米株式市場でのマイクロンの終値は5.5%安。

  この問題はUMCとマイクロンの間の幅広い係争の一環。マイクロンは昨年、UMCと同社パートナーの福建省晋華集成電路(JHICC)が半導体メモリーに関する企業秘密を盗んだとして提訴。UMCがマイクロンの設計を盗むパイプ役を務め、中国による国内半導体産業育成の支援を図ったと批判していた。

  マイクロンと韓国のライバル会社は中国の独禁当局から製品価格の上昇について調査されていることを明らかにしていた。

  中国はマイクロンの2017年度売上高の5割強を占めた。中国は半導体製品の世界最大の市場だが、まだ国内企業は業界上位10位以内に入っていない。

原題:Micron Chip Sales Banned in China on Patent Case, UMC Says (2)(抜粋)

(3段落目以降に特許訴訟の詳細や株価などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE