香港のCKハチソン、イタリアのモバイル合弁を完全子会社化へ

  • 残りの50%を買い取るため合弁相手のビオンに約3200億円を支払う
  • ビオンは合弁通じイタリアで「3」「ウィンド」ブランド展開

香港のCKハチソン・ホールディングス(長江和記実業)は3日、イタリアのモバイル合弁会社を完全子会社化すると発表した。

  CKハチソンは折半合弁のウィンド・トレについて、残りの50%を買い取るため合弁相手のビオンに24億5000万ユーロ(約3200億円)を支払うと資料で説明。CKハチソンの株主にとっての利益とフリーキャッシュフローを直ちに「力強く高める」取引だともコメントした。

  完全子会社化は欧州連合(EU)とイタリアの監督当局の承認が必要だが、7-9月期あるいは10-12月期初めの完了を見込んでいるという。

  通信会社のビオン(旧ビンペルコム)はイタリアでウィンド・トレを通じ「3」「ウィンド」両ブランドでのモバイル通信事業を展開。CKハチソンとビンペルコムはイタリアの通信事業を統合し、合弁会社を2016年に設立した。

原題:CK Hutchison to Pay EU2.45B in Italian Mobile Operator Buyout、CK to Buy Full Control of Italy Venture for $2.9 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE