ナイキに恩恵か-NBAレブロン・ジェームズ選手のレイカーズ移籍で

全米プロバスケットボール協会(NBA)最大のスター、レブロン・ジェームズ選手は1日夜、ロサンゼルス・レイカーズと総額1億5400万ドル(約170億円)の4年契約を結ぶことで合意した。同選手がNBAで最も象徴的なチームであるレイカーズに移籍することで、同チームのファン以外の命運も好転することが見込まれる。

2018年のNBAファイナルでプレーするレブロン・ジェームズ選手(6月8日)

写真家:Gregory Shamus /ゲッティイメージズ


  ジェームズ選手はプロ入り以来ずっとナイキと契約しており、近年には生涯契約も結んだ。ジェームズ選手がどこでプレーしてもシューズは売れるが、ロサンゼルスへの移籍で露出が増すことは、ナイキにとって追い風になるはずだ。ナイキはまた、NBAの公式​​オンコートアパレルプロバイダーとして1年目のシーズンを終了。同社はユニホームや靴下に自社のロゴを提示することができる。

NBAファイナルでスニーカー「ナイキレブロン15」を着用するジェームズ選手

写真家:Gregory Shamus /ゲッティイメージズ


原題:LeBron’s Move West Is Likely to Shower Cash on Nike and Networks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE