ロシアの外貨準備高:中国人民元の比率が上昇-カナダ・ドルに迫る

  • 人民元の比率、昨年10-12月期は2.8%-前四半期は1%だった
  • 米ドルの割合は45.8%と、46.5%から低下-ユーロもシェア落とす

ロシア中央銀行は外貨・金準備高における中国人民元建て資産の比率を昨年10-12月期に2.8%とし、前四半期の1%から大きく引き上げた。同中銀が2日発表した報告書で分かった。人民元の割合は3.1%のカナダ・ドルに迫る水準となっている。

  米ドル建て資産の比率は45.8%と、46.5%から低下。ユーロも21.7%と、24.1%からシェアを落とした。カナダ・ドルも前四半期の3.2%から割合が縮小。一方で、金の比率は17.2%と、16.3%から上昇した。

Dollar's Monopoly

While Putin called for a `break' from the U.S. dollar, its share stays large

Source: Bank of Russia

原題:Yuan Chases Loonie’s Share as Bank of Russia Adds Chinese Assets、Bank of Russia Almost Tripled Yuan Share in FX Assets in 4Q 2017 (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE