テスラのエンジニアリング責任者フィールド氏が退職-休職延長後に

  • フィールド氏はエンジニアリングと生産の責任者を昨年任された
  • 5月には同氏が家族と時間を過ごすために休職したとテスラが発表

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのエンジニアリング責任者でシニアバイスプレジデントを務めていたダグラス・フィールド氏が、休職期間を延長した後、同社を退職した。

  テスラの広報担当者は電子メールで、フィールド氏が同社で約5年勤務したと述べる一方、予定される後任には言及しなかった。フィールド氏にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年、アップルの元幹部であるフィールド氏にエンジニアリングと生産の責任者を任せた。今年3月には「モデル3」の生産台数を増やし、「嫌っている連中が間違っていることを証明しよう」と電子メールで同氏が従業員に呼び掛けたことがニュースになった。

  その後4月までにマスクが製造を直接統括することになり、5月にはフィールド氏が家族と時間を過ごすために休職したと同社が発表していた。
  
原題:Tesla’s Engineering Chief, Doug Field, Departs Company for Good(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE