メルケル独連立政権が難民政策巡る対立解消-内相留任へ

更新日時
  • CSU党首のゼーホーファー内相:明確な合意に達した
  • 連立政権の崩壊につながる恐れのあった政治危機は終息か

ドイツのメルケル首相

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

ドイツのメルケル首相は2日、連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)との移民・難民政策を巡る対立を解消した。連立政権の幕引きにつながりかねなかった政治危機の終息が示唆された。

  CSU党首のゼーホーファー内相はベルリンでメルケル首相と4時間余りにわたり協議した後、同首相およびキリスト教民主同盟(CDU)と「明確な合意に達した」と述べた。

  ゼーホーファー氏は1日に辞任の意向を示していたが、2日の首相との会談後、内相のポストにとどまると表明した。

  メルケル首相は党本部で記者向けの声明を出し、「厳しい闘いと困難な日々を経て本当に良い妥協案を見いだしたと思う」とコメント。今回の合意は、亡命希望者用の「トランジットセンター」を設立し、欧州連合(EU)全体の「パートナーシップ精神」に沿う動きだと述べた。

  CSUの指導部は移民問題について強硬路線を取り、メルケル首相の比較的リベラルなアプローチへの攻撃に過去3年の大部分を費やしてきた。第2次世界大戦以降ほとんどの時期にわたりドイツを統治してきた与党CDUとCSUの統一会派は決裂の危機に陥り、連立政権は崩壊の恐れもあったが、両者は土壇場の調整で対立解消を図った。

  会談を終えたメルケル首相とゼーホーファー内相はCDU本部を出た後、連立を組む社会民主党(SPD)との別の会合に向かった。SPDもドイツの国境管理強化に同意する必要がある。

  

原題:Merkel Defuses Bavarian Revolt Over Migration With Compromise(抜粋)

(メルケル首相の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE