デル、株式を再上場へ-217億ドルでトラッキングストック取得

更新日時
  • デル・テクノロジーズ、デル株との交換ないし現金支払いを提示
  • デルのクラスC普通株はニューヨーク証券取引所に上場

Photographer: Brent Lewin/ Bloomberg

株式非公開のテクノロジー企業として世界最大の米デル・テクノロジーズは、株式の再上場計画を発表した。複数年にわたる再建計画が新たな段階に入る。デルは2013年に株式を非公開化した。

  デルの2日発表によると、同社は自社のトラッキングストック(DVMT)を現金と株式交換で取得することで公開市場に復帰する。DVMTはソフトウエア部門のヴイエムウェアの業績に連動する株式で、価値は現在約170億ドル(約1兆8800億円)と評価されている。

マイケル・デル会長兼CEO

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  ヴイエムウェアは同社株保有者に110億ドルの特別現金配当を支払い、デルは差を埋めるため追加の株式ないし現金を提供する。これにより取引全体の規模は217億ドルとなる。デル・テクノロジーズのクラスC普通株はニューヨーク証券取引所に上場する。  

  デル・テクノロジーズのクラスV株としても知られるDVMTの保有者は、保有株をデルのクラスC普通株と交換するか、クラスV株1株につき現金109ドルを受け取るかのどちらかを選択できる。提示額はクラスV株の6月29日終値を29%上回る水準。この取引は2018年10-12月(第4四半期)に完了する見通し。

  DVMTの価格は発行以降、約2倍に上昇しており、6月29日の終値は84.58ドル。2日の米市場では、ニューヨーク時間午後1時27分現在、8.2%高となっている。

原題:Dell to Return to Public Markets With Tracking Stock Buyout (4)(抜粋)

(DVMTの価格の動きについて追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE