メイ英首相にプレッシャー高まる、EU離脱巡る6日の閣議控え

  • 与党保守党内の分裂、EU各国首脳の忍耐力試す
  • エアバスとBMW、生産遅延招けば対英投資危うくなると警告

メイ英首相は今週、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る閣内の対立を終わらせることを目指した会合を控え、プレッシャーの高まりに直面している。

  与党保守党の離脱推進派と反対派の両方から批判を受けるメイ首相は、6日に別荘で閣僚らと会談し、見解の一致を探る。その詳細は来週に発表の見通し。

メイ英首相

写真家:Chris Ratcliffe / Bloomberg

  EU首脳らは英国が合意なしで離脱するリスクが高まっていると指摘しており、これは産業界が最も警戒するシナリオであるだけに、英閣内の分裂はEU首脳の忍耐力を試している。

  ブロークンシャー・コミュニティー地方政府相はBBCのテレビインタビューで、「われわれは合意なしでの離脱は目にしたくない。それは確固として回避されるであろう選択肢だと思われ、6日が重要な理由だ」と述べ、目的は「EUとわれわれ英国にとって前向きな取引であり、将来の安定を確実にすることだ」と語った。

  先月には経済界との緊張も高まった。エアバスとBMWは、英国のEU離脱が生産遅延を招けば、対英投資は危うくなりかねないと警告した。先週のEU首脳会議後も、英国が悪影響を及ぼす形でEUを離脱する方向にあるとの警戒感が根強く残っている。

原題:Pressure on May Grows Ahead of Cabinet Meeting Over Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE