イメージ変えたい独VWが組織的に年齢差別と社員-米国で提訴

  • 年齢理由に降格されたと元アシスタントマネジャーが主張
  • 50歳以上の全ての社員代表して差別的慣行禁じる裁判所命令求める

Photographer: Jason Alden/ Bloomberg

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は排ガス不正を巡る不祥事後、年齢が高めの従業員を組織的に差別しているとして、米テネシー州にあるVW工場の社員が同社を相手取り訴訟を起こした。

  同州チャタヌーガの米連邦地裁に6月29日提出された訴状によれば、同工場で物流担当アシスタントマネジャーをしていたジョナサン・マンラブ(53)氏は、VWが「ディーゼルの古いイメージ」を払しょくし、より「生産性と効率、テクノロジーを重視する現代的で若々しい企業」に見せようとして同氏を降格したと主張。

  マンラブ氏は自身の降格について、年齢が高めの社員を辞めさせ、その代わりに若い従業員を充てる「全社的」な取り組みの一環だと訴えた。VWは「自然な変動」を通じてこうした人事方針を実施すると発表しているのに対して、同氏は年齢が高めの人材を強制的なやり方で追い出していると説明。影響を受ける50歳以上の全ての現役従業員を代表してこうした差別的慣行を禁じる裁判所命令を求めている。

  VWの広報担当マイク・トルバート氏は電子メールで、同社は係争中の訴訟案件についてコメントしないと述べた。  

原題:Volkswagen Accused in Lawsuit of ‘Company-Wide’ Age Bias (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE