トランプ米大統領:新たなNAFTA合意は「選挙後まで待ちたい」

  • 「非常に興味深い」ものとなろうと発言-メキシコ大統領選を意味か
  • メキシコでは左派政権の誕生が予想されている

トランプ米大統領は1日、北米自由貿易協定(NAFTA)に関する新たな合意を最終的にまとめるのは選挙後まで待ちたいとの考えを明らかにした。これが11月の米中間選挙なのか、左派候補の勝利が見込まれるメキシコ大統領選なのかは不明。

  トランプ氏はFOXニュースのインタビューで質問に対し、「中間前にNAFTAはできない。選挙後まで待ちたい」と答えた。

  大統領はさらに、「選挙が行われる。非常に興味深いものになるだろう。彼は大丈夫だろうと私は感じている。その理由は彼らが大丈夫でなければ、私は彼らが米国に輸出する車に課税するからだ。それは大きなものだ」と語った

ロペスオブラドール氏

写真家:Alejandro Cegarra / Bloomberg

  この発言部分は米議会選挙よりも1日に投票が行われているメキシコ大統領選を差しているように見られる。アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール候補はメキシコの左派指導者としては数十年ぶりに政権につくと予想されており、トランプ氏らにとって「興味深い」結果となるのは確実だ。

  AP通信とワシントン・ポストはトランプ氏のFOXインタビューでのコメントについて、NAFTAの修正は米中間選挙後まで待つという意味だと報じている。ホワイトハウスにトランプ氏の発言内容の説明を求めたが、現時点で返答はない。

原題:Trump May or May Not Want to Postpone Nafta Move Until U.S. Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE