【今日の5本】仕事始めに読んでおきたい厳選ニュース

  • 中国製造業PMIなどに貿易摩擦の影響か、サウジ国王に増産要請
  • トランプ氏に偽電話か、VWが年齢差別と提訴、アインホーン氏苦悩

Photographer: Marcos Issa / Bloomberg

Photographer: Marcos Issa / Bloomberg

世間を欺く「まやかし」だ。ゼネラル・モーターズ(GM)などが米関税措置の悪影響を強く懸念する意見書を当局に提出したことを、米国家通商会議のナバロ委員長が切り捨てました。ナバロ氏はGM車の価格への影響は1台当たり「豪華なフロアマット1枚分」だと一蹴。6日には、米中両国が表明している追加関税も発動される見通しです。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

じわり広がる

米中貿易摩擦の影響が実体経済に波及しつつある兆候が確認された。中国国家統計局が6月30日に発表した6月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.5。前月の51.9から低下するとともに、市場予想も下回った。項目別では輸出向け新規受注が49.8と前月の51.2から落ち込み、外需の弱まりを示唆。中銀国際証券の朱啓兵チーフアナリストは「国際貿易と米中対立の展開が今後の鍵を握る」と指摘する。7月1日に発表された韓国貿易統計でも、輸出が予想外に減少。韓国経済は今年、内需が活気を欠く中で輸出がけん引役となっていた。

国王に直談判

トランプ米大統領はサウジアラビアのサルマン国王に原油増産を直談判したと、30日にツイッターで明らかにした。イランやベネズエラの混乱と機能不全を挙げ、需給ギャップを埋めるために「最大200万バレルほど」の増産を求め、「国王は同意した!」と書き込んだ。ただホワイトハウスはその後、内容を修正。国王はサウジに日量200万バレルの生産余力があることを認めた上で、「万一の事態に対応し、市場の均衡と安定を確保するために必要なら他の生産国と協調してその余力を慎重に使う」と述べたという。

俺だよ、オレ

トランプ大統領は先週、大統領専用機「エアフォースワン」搭乗中に偽者からのいたずら電話に折り返しの電話をした可能性がある。ニュージャージー州選出のロバート・メネンデス上院議員(民主党)のふりをして大統領と電話で話したのは、あるコメディアン。3分間の会話で2人は、移民家族が引き離される問題や米最高裁などについて話し合った。会話の音声は「ザ・スタッタリング・ジョン・ポッドキャスト」にアップロードされた。ホワイトハウスは録音の信ぴょう性に異議を唱えず、コメントを控えた。セキュリティー体制に疑問が投げ掛けられている。

「古いイメージ」で差別

独フォルクスワーゲン(VW)の米テネシー州工場の従業員が同社を相手取って訴えを起こした。排ガス不正問題に絡んで、年齢の高い社員を組織的に差別していると主張している。同州チャタヌーガの連邦裁判所に29日提出された訴状によると、物流業務のアシスタントマネジャーを務めていたこの男性(53)は、「ディーゼルの古いイメージ」を取り除き、「生産性と効率、テクノロジーを重視する現代的で若々しい企業」に見せるための同社の取り組みの一環として降格された。VW広報は係争中の案件にはコメントしないとしている。

苦悩も深まる

デービッド・アインホーン氏率いるヘッジファンド運営会社グリーンライト・キャピタルの旗艦ヘッジファンドは、6月のリターンがマイナス7.7%となり、1-6月(上期)ではマイナス約19%に沈んだ。ブルームバーグが最新の顧客資料で確認した。S&P500種株価指数のリターンが今年、プラス2.6%程度を記録するなど相場全体が上昇する中、割安株を選んで投資するアインホーン氏のバリュー投資戦略はここ数年、低迷が続いている。

その他の注目ニュース
クドロー氏:タブー破って「極めてゆっくり」利上げ要請
カナダ:米国製品への報復関税を最終決定-7月1日発動
独検察が米欧の大手金融数十行を脱税疑惑で捜査-関係者

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE