トランプ大統領、ハーレーは生産の海外シフトで顧客失うだろう

  • ハーレー購入者は皆が私に投票したとFOXニュースに語る
  • 個別企業を名指しするやり方は変えない考え示す

トランプ米大統領は、米オートバイメーカーのハーレーダビッドソンが生産の一部を海外に移せば顧客を失うことになると指摘した。

ミルウォーキーのハーレーダビッドソン本社に駐車された従業員のオートバイ

フォトグラファー:スコット・オルソン/ゲッティイメージズ北米

  大統領はFOXニュースの番組「サンデーモーニング・フューチャーズ」のインタビューで、「ハーレーが大きな打撃を受けると思う」と語り、同社の顧客は「私に投票した人たちだ」とした。インタビューは6月29日に収録され、7月1日に放送された。

  ハーレーの試算によると、トランプ政権の鉄鋼・アルミニウム関税に対する欧州連合(EU)の報復措置は、同社にとって世界で2番目に大きい市場であるEUへのオートバイ輸出コストを1台当たり約2200ドル(約24万円)押し上げる。

  ハーレーは米国で販売しているオートバイを全て国内で組み立てており、それはこれからも変わらないとしている。

  行動に同意できない個別企業を大統領として名指しすべきかとの問いに対し、トランプ氏は「そうすべきだ」と答え、「ハーレーダビッドソンを買ったことがある人は皆が私に投票した」と語った。

原題:Trump Says His Harley Voters Oppose Production Shift Overseas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE