コンテンツにスキップする

GM:自動車関税の発動、米国事業縮小や雇用削減につながりかねない

米最大の自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)はトランプ政権に対し、関税が輸入車や自動車部品に幅広く課せられることになれば、同社の米国事業縮小や雇用削減になりかねないと警告した。

  同社は商務省に29日提出したコメントで、「輸入関税が拡大したら、GMの事業縮小や米国での存在感低下につながる可能性があるほか、米国の雇用が増加するどころか減少する恐れがある」と主張した。

  これは、産業界のほかのトップ達と同様に、GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)が、報復関税につながる場合のリスクがいかに大きいと信じているかを示している。

Where GM Gets Its Cars

About 40% of U.S. sales this year will be imported vehicles

Source: LMC Automotive

原題:GM Warns Trump Tariffs Could Lead Company to Shrink in U.S. (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE