コンテンツにスキップする

カナダ、米国製品に対する報復関税を最終決定-7月1日に発動

カナダのトルドー政権は、166億カナダ・ドル(約1兆4000億円)相当の米国製品に対する報復関税を最終決定した。また、カナダ産鉄鋼とアルミニウムの輸出に対する米国の関税に打撃を受けた企業や労働者への資金支援も約束した。

  フリーランド外相は29日、報復関税を7月1日に発動すると発表。関税率はトランプ政権が課した関税と同水準となり、鉄鋼製品には25%、アルミや消費財には10%の関税を課す。米国がカナダ産鉄鋼とアルミに対する関税を撤廃するまで続ける。

原題:Canada Finalizes Tariffs on U.S. Goods, Vows Aid for Workers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE