コンテンツにスキップする

クレディ・スイスがシニアバンカー削減、ヘッジファンド部門-関係者

  • ニューヨークのプライムデスクで新たに7人カット
  • クレディS、3年がかりの事業見直しの最終段階

クレディ・スイス・グループはヘッジファンドに対応する事業で再び人員カットを進めており、今週ニューヨークのデスクで新たに7人を削減した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  今回の決定によって影響を受けたとされるシニアバンカーの中には、トニー・バートルド、ジャスティン・キャリー両氏が含まれると、関係者は匿名を条件に話した。フィリップ・ハシュタット氏とラレン・ボン氏も削減の対象になったという。同7人がクレディ・スイスを退社するのか、あるいは行内で別の職を探すのかはまだ不明。

  クレディ・スイスの広報担当者はコメントを控えた。当事者らにもコメントを求めたが、返答は得られなかった。

  プライムブローカーは取引決済や、資金および証券の貸し付けといったサービスをヘッジファンドに提供している。同プライム部門は同行の株式部門に属する。

  クレディ・スイスは3年がかりの事業見直しで、最終段階にある。

原題:Credit Suisse Said to Cut Senior Banker Jobs in Hedge Fund Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE