コンテンツにスキップする

監視委が三菱モルガン証に2億円の課徴金勧告-国債相場を不正操作

更新日時
  • 大阪取引所の長期国債先物で「見せ玉」-金商法違反
  • 三菱モルガン:「極めて遺憾」、当該ディーラーの処分検討へ
Morgan Stanley And Mitsubishi UFJ Financial Group Inc. Hold Ceremony For Their Joint Ventures

Photographer: Tomohiro Ohsumi / Bloomberg

Morgan Stanley And Mitsubishi UFJ Financial Group Inc. Hold Ceremony For Their Joint Ventures

Photographer: Tomohiro Ohsumi / Bloomberg

証券取引等監視委員会は29日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が日本国債先物取引で不正に価格操作したとして、2億1837万円の課徴金を命じるよう金融庁に勧告した。

  発表によると三菱モルガンは昨年8月、長期国債先物を「見せ玉」と呼ばれる手法で売買し、大阪取引所の長期国債先物の相場を変動させるよう不正に操作していた。金融商品取引法に違反すると認定した。

  同社は電話取材に「このような事案が発生したことは極めて遺憾であり、大変重く受け止めている。市場の公正性、透明性を損なう行為によりほかの市場参加者や、お客様をはじめとする関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げる」とコメント。その上で国債先物ディーラーの処分を検討する方針だとした。

  三菱モルガンは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と米モルガン・スタンレーの合弁会社。同じ両社による別の合弁会社、モルガン・スタンレーMUFG証券は2016年12月に監視委から、西武ホールディングス株式の相場操縦を行ったと指摘されていた。

(第4段落に三菱モルガンの説明を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE