コンテンツにスキップする

北朝鮮の核ミサイル廃棄へ、米国防長官と連携で一致:小野寺防衛相

マティス米国防長官と小野寺五典防衛相

マティス米国防長官と小野寺五典防衛相

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
マティス米国防長官と小野寺五典防衛相
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

小野寺五典防衛相は29日、マティス米国防長官と防衛省で会談し、北朝鮮の核・ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」を実現するため、国際社会と連携して取り組むことで一致した。会談後、小野寺氏が共同記者会見で明らかにした。

  米韓合同軍事演習の中止について小野寺氏は「外交の後押しをするという意味で米韓がそれぞれ選択をしたことだ」と理解を示した。会談では米韓・日米韓の演習は「地域の安定にとって重要」との認識で一致したと強調した。在韓米軍については米側から「今後とも維持を図っていく」との説明があったという。

  マティス氏は会見で、前例のない対北朝鮮交渉に臨む上で、日米同盟は確固たるもので揺るぎないと強調。米韓軍事演習の中止については外交上の余地を作り出すためだったと語った。同氏は中国、韓国訪問後に来日、小野寺氏との会談後に安倍晋三首相を表敬訪問した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE