コンテンツにスキップする

伊首相、EU首脳会議に難民問題で負担共有を要求-声明拒否も辞さず

  • コンテ伊首相、要求がかなわなければ「共通の結論に至らない」
  • 1加盟国が全体的な結論に関する立場を留保-EU大統領報道官

イタリアのコンテ首相は28日にブリュッセルで開幕した欧州連合(EU)首脳会議で、同国からEU域内に入った難民に関して負担を共有するよう他の加盟国に要求しており、同会議の結論を拒否することも辞さない姿勢を示した。同首相の姿勢は首脳会議を混乱に陥れかねず、移民問題でEUの合意を取り付けたいドイツのメルケル首相の思惑通りにはいかない恐れが出てきた。

  ドイツでは連立政権の一角を担うキリスト教社会同盟(CSU)党首のゼーホーファー内相が、イタリアに難民を送り返す合意を欧州各国と取りまとめるようメルケル首相に要求している。コンテ首相とメルケル首相は首脳会議の開始前に会談した。

  コンテ首相は記者団に対し、各国首脳から多くの前向きな言質を受け取ったと述べ、首脳会議の最終的な声明を拒否する「可能性」を検討したくはないが、イタリアの要求がかなわない場合は「共通の結論に至らないのは確実だ」と指摘した。

  イタリアの当局者らはその後、コンテ首相の要求を繰り返し説明。コンテ首相は首脳会議で、貿易など他の議題に関する承認は難民問題が対処されるまで認めない姿勢を示した。欧州委員会のユンケル委員長とトゥスクEU大統領は首脳会議の行き詰まりを受け、予定していた記者会見の中止を余儀なくされた。

  トゥスク大統領のスポークスマンは発表文で、各国首脳が安全保障や防衛、雇用、成長、EU拡大等の問題を議論したが、「1加盟国が全体的な結論に関する立場を留保した。現段階では合意された結論はない」と説明した。

原題:Italy Threatens to Torpedo EU Summit in Migration Standoff (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE