ナバロ氏:米企業は中国経済の構造的問題を理解する必要ある

  • ナバロ氏は先週公表された中国の問題点に関する米政府報告書を説明
  • 報告書は知的財産権や偽造品、米輸出規制法の適用逃れなどを分析

ナバロ米国家通商会議(NTC)委員長は28日、中国経済の抜本的な構造改革により、従来より公平な競争が可能になるということを米企業は理解する必要があると述べた。

  米中貿易摩擦でより厳しいアプローチを主張する対中強硬派のナバロ氏はワシントンのハドソン研究所での講演で、先週公表されたホワイトハウス報告書で分析された米国が直面する中国の問題点を説明した。同報告書が取り上げたのは中国による知的財産権の侵害や米輸出規制法の適用逃れ、偽造品製造など。

  同報告書は対中制裁関税の正当性を裏付けようとするトランプ政権の取り組みの一環。

  ナバロ氏は、「ホワイトハウスの私のオフィスは業務の1つとして、具体的な問題を抱えた企業に対応する『特殊部隊』と呼ばれるものを持つ」とした上で、「この報告書は役立つ可能性がある。なぜなら、われわれが立ち向かう必要がある構造的な問題について全ての人に共通認識を提供しているからだ」と述べた。

原題:Navarro Says U.S. Companies Need to Understand China Challenges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE