ドイツ銀米部門がストレステスト不合格、内部管理に不備-FRB

更新日時
  • 資本計画やリスク管理、ストレス対応の想定に脆弱さ
  • 他の外銀の米部門は全て包括的資本分析に合格
People enter Deutsche Bank AG headquarters on Wall Street in New York. Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ドイツ銀行は米国事業全体として初めて受けた米連邦準備制度理事会(FRB)のストレステスト(健全性審査)で、内部管理の不備を指摘され不合格となった。

  FRBは28日の声明でドイツ銀の米事業について、「資本計画の慣行に幅広く重大な不備」が見られたと指摘。ドイツ銀のリスク管理機能やデータ能力、ストレス下での対応を予測する際の手法と想定の脆弱(ぜいじゃく)さを挙げた。

  今年のストレステストの第2弾である包括的資本分析(CCAR)で不合格となったのは、ドイツ銀の米部門だけだった。先週公表された同テスト第一弾の結果では、35行全てが深刻な不況を乗り越えられると判断されていた。

  ドイツ銀はウェブサイトに掲載した発表文で、米事業は「資本計画能力や管理、インフラの改善に向けかなりの投資を実施」したと指摘。引き続き前進しながら当局と協力していると説明した。

  ドイツ銀の米部門は資本水準については必要最低基準を大きく上回っていたものの、内部管理に重点を置いたCCARでは不合格になると予想していたアナリストもいた。不合格の銀行は資本計画を再提出する可能性があるが、再提出は義務ではない。

  今年は米国持ち株会社を持つ外銀6行が初めてストレステストを受け、ドイツ銀を除く全てが合格した。ドイツ銀行は以前、カストディアン部門が参加したことがあるが、現在は同行の米国事業のほぼ全てが審査対象。

原題:Deutsche Bank U.S. Unit Fails Stress Test as Controls Cited (1)(抜粋)

(4段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE