コンテンツにスキップする

セントルイス連銀総裁:貿易巡り産業界に強い「不安」-管轄区全域

米セントルイス連銀のブラード総裁は、貿易紛争を巡る不安が同連銀管轄区の全域で産業に重くのしかかりつつあると述べた。

  ブラード総裁は28日、記者団との電話会議で、「声高な不安が聞かれる」と発言。「経済のあらゆる側面に影響が及ぶが、農業は確実に」打撃を受けていると話した。

  総裁は新たな関税の脅威を値上げの口実に使っているサプライヤーもいるとし、こうした関税が事業を直接的に標的としない場合でもその傾向は見られると指摘。セントルイス連銀管轄区はミズーリ州の大半とアーカンソー州全体など7州にまたがる。

  これは「通商政策を巡る不透明感」が企業の意思決定に「どのように反映されるかを示している」と続けた。

原題:Fed’s Bullard Says ‘Angst’ Rising Over Growing Trade Disputes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE